肥満でも病気につながりやすい内臓脂肪に注意

 

一般的な肥満の判定

健康診断や人間ドックなどで肥満気味や普通などと肥満を判定されますが、これは標準体重を基準に肥満を判定されます。

 

標準体重は、ある新調の人が最も病気になりにくくて、脂肪率が低いという基準でうまえrた健康体重です。

 

標準体重をかんがえるうえでは、世界的な指標としてBMIがあります。

 

体重を身長の2乗で割った高く指数で、15.8未満が痩せ、22以上が標準、23〜24.9が肥満気味、25以上は肥満と判断しています。

 

痩身エステ体験※痩身エステのお試し体験巡りは満足度が高いです!

 

標準体重は人間ドックや集団検診だどで集められたデータに基づいて作られています。

 

でも実はいろいろと問題があるようです。

 

体の重さだけに注目をしているのですが、同じ体重でも筋肉質の人も脂肪が多い人もいます。

 

でも標準体重では、脂肪と筋肉の割合という体重の中身は無視されることになります。

 

中高年者のサンプルが多くなるので年代が偏ったりとその他にも問題を含んでいるようですね。

 

ダイエットエステお試し体験を比較!お得な料金で効果を実感できました♪

 

でも肥満の医学的な定義は体の中の脂肪が多いことです。

 

同じ体重でも脂肪の割合は人によって違いますから、肥満の人もいればそうでない人もいます。

 

体重が重くても筋肉質であれば肥満ではなくなります。

 

逆に体重が軽くても脂肪の割合が高ければ肥満ということになります。

 

実際は体重は標準でも体内の脂肪が多い肥満の人が多いですから、標準体重だけで判断していては危険なことになりますね。

 

メンズエステ体験記!ダイエットコースはホントに痩せる?

リンゴ型肥満と洋ナシ型肥満

リンゴ型肥満・・・おなかまわりを中心に脂肪がついている。男性や中年女性に多い。

 

洋ナシ型肥満・・・お尻や太ももに脂肪がついている。若い女性に多い。

 

人間は、食事などで毛回〜取り入れた栄養をエネルギーに変えて生きています。

 

使ったエネルギー量が取り入れた量を下回ると、余った分を脂肪に変えて体内に蓄え、エネルギーが不足するときに備えるようになりますが、こうした溜っていく脂肪が脂肪細胞の集まりとなります。

 

脂肪細胞は約100倍にまで膨張できるようになります。

 

脂肪細胞の中には、中性脂肪がたくさん詰まっていますが、食べ過ぎで中性脂肪がたくさんつくられると、ひとつひとつの細胞が大きく膨らみます。

 

 

 

肥満は体型によってお尻や太ももなどに脂肪がつく下半身太りタイプの洋ナシ型肥満と、お腹の周りを中心に脂肪がつく上半身太りタイプのリンゴ型肥満に分類されます。

 

この二つのタイプの内、リンゴ型肥満は糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病を起こしやすくなります。

 

だから肥満の中でもお腹が出ているリンゴ型肥満の人は要注意なんですね。

 

ウエスト÷ヒップの値が、男性で1.0以上、女性で0.9以上になるとリンゴ型肥満となります。

 

ダイエットエステ効果※お試し体験は期待以上の効果でビックリでした!

 

リンゴ型肥満と洋ナシ型肥満では、脂肪の付きかたが違います。

 

お腹のまわりをつまんぜい肉をイメージしますが、これは皮下脂肪です。

 

皮下脂肪には大事な役割があります。

 

体を毛回との温度差から守ったり、衝撃を吸収したりします。

 

飢えや体力を消耗する病気の時に、命を維持するためのエネルギー源にもなります。

 

男性よりは女性のほうが皮下脂肪が多いので、ふっくらと丸みのある女性らしい体型になりやすいのですね。

 

リンゴ型肥満は、腹部の内臓を囲むようにつく内臓脂肪です。

 

内臓脂肪は余分なエネルギーを一時的に備えている貯蔵とと言われてきたのですが、最近では生活習慣病を引き起こすいろいろな物質を分泌することが分かってきています。

 

ダイエットエステ比較★お試し体験をしたから違いが分かります!

 

男性はもともと内臓脂肪が増加しやすいのですが、中年になると基礎代謝が低くなって余計に太りやすくなるので注意しなければいけません。

 

女性は、女性ホルモンの影響があるので、脂肪をため込む時は皮下脂肪になることが多いのですが、更年期以降は女性ホルモンの分泌が減少するので、男性と同じく内臓脂肪を貯め込みやすくなります。

 

ウエストのくびれがなくなって、体のラインが男性と似てきます。

 

体型だけでなく、中性脂肪やコレステロール値が高くなって、男性と同じような数値になってきますから、注意をしないといけません。

 

ダイエットエステのお試し体験談@ホントに効果あるのか本音で口コミ!

内臓脂肪とは

内臓脂肪は内臓と内臓の間の腸管膜などについて、増えるとお腹の中にびっしりとこびりつきます。

 

内臓脂肪は腹筋よりも体の奥にあって、内臓の間を埋めるようについています。

 

皮下脂肪は外から指でつまめますが、内臓脂肪はつまめません。

 

だからリンゴ型肥満の人は太っている割に、ぜい肉がつまめません。

 

皮下脂肪と内臓脂肪の違いを役割から見ると、皮下脂肪は体温保持やエネルギーの貯蔵といった役割がありますが、内臓脂肪には余分なエネルギーの一時的貯蔵庫と言う役目があります。

 

しかも内臓脂肪からはいろいろな物質が分泌されて、生活習慣病が促進されるようです。

 

ただ生活習慣病とのかかわりが強い内臓脂肪ですが、運動や食生活をコントロールしたことで落ちやすいのも特徴としてあります。

 

健康に影響が出る前に、内オズ脂肪をすっきりと落としてしまいたいですね。

 

ダイエットエステで痩せられるか?ネットの口コミは嘘ばかり?